目標設定と成功哲学の自己啓発プログラムはイーハトーヴフロンティア

イーハトーブログ

2007.02.24  ひきこもれ

昨日、久しぶりに吉本隆明先生の本を買いました。

吉本先生の考え方はやっぱり凄い!と関心して納得させられました。

「ひきこもり、いいじゃないか」と吉本先生はいいきります。
「テレビやマスコミが勝手に「ひきこもりは問題だ」と報道しているだけです。
彼らは自分たちの職業を基準に考えているからです。
世の中にはコミュニケーション能力のある人とそうではない人がいます。
必ず社交的になる必要性はあるのか?実際、多くの職業は、ひきこもって
仕事をするものや、一度はひきこもって技術や知識を身につけないと
一人前になれない種類のもです。芸術家、学者、設計、工場、事務職、
そして、作家もみんな元々は「ひきこもり」であったのです」

そういい切る吉本先生自身も、「ひきこもり」であります。
一人でいることは、それだけ「考える」時間があるので、もっといい「結果」や
「価値」を生むのことが多いはずです。

実際、多くの成功者はそうであった時期によって、凄い発想、アイディア、発明、
作品を造りだしています。

本書『ひきこもれ』 吉本隆明 著はお勧めの一冊です!

JKS


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【ダイジェスト版・マイゴール】のご購入はこちらから
【新・目標設定練習帳】のご購入はこちらから

『オリソン・マーデン財団Japan』 HPへはこちらから

投稿者 (株)イーハトーヴフロンティア (18:56) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :