目標設定と成功哲学の自己啓発プログラムはイーハトーヴフロンティア

イーハトーブログ

2007.02.24  ひきこもれ

昨日、久しぶりに吉本隆明先生の本を買いました。

吉本先生の考え方はやっぱり凄い!と関心して納得させられました。

「ひきこもり、いいじゃないか」と吉本先生はいいきります。
「テレビやマスコミが勝手に「ひきこもりは問題だ」と報道しているだけです。
彼らは自分たちの職業を基準に考えているからです。
世の中にはコミュニケーション能力のある人とそうではない人がいます。
必ず社交的になる必要性はあるのか?実際、多くの職業は、ひきこもって
仕事をするものや、一度はひきこもって技術や知識を身につけないと
一人前になれない種類のもです。芸術家、学者、設計、工場、事務職、
そして、作家もみんな元々は「ひきこもり」であったのです」

そういい切る吉本先生自身も、「ひきこもり」であります。
一人でいることは、それだけ「考える」時間があるので、もっといい「結果」や
「価値」を生むのことが多いはずです。

実際、多くの成功者はそうであった時期によって、凄い発想、アイディア、発明、
作品を造りだしています。

本書『ひきこもれ』 吉本隆明 著はお勧めの一冊です!

JKS


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【ダイジェスト版・マイゴール】のご購入はこちらから
【新・目標設定練習帳】のご購入はこちらから

『オリソン・マーデン財団Japan』 HPへはこちらから

投稿者 (株)イーハトーヴフロンティア | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.02.17  知識への投資は最大の利子を生む

自己投資は、した分だけその見返りは大きい!

「知識への投資は最大の利子を生む」これはベンジャミン・フランクリンが200年以上前に残した有名な言葉です。

知識=学習能力=大きな器の人間=成功することです。

学習をする一番手っ取り早い方法として、読書をお薦めします。
できるだけ多くの本、自分にとって必要な内容の本を探すことです。
読書は自分を豊かにします。その努力の積み重ねが
自分自身(=オンリーワン)を作り上げるのです。

なぜ、努力できるのか?その唯一の理由は、
あなたが何かを成し遂げたいからです。
あなたはその何かをもっていますか?それに気づいていますか?
それとも、今はそれを探している最中ですか?

とにかく、一日でも早くその答えを見つけてください!

私たち人間は、だれもが望んでいるだけの裕福になる潜在能力を
秘めているのです。

その開花によって、より多くのお金と幸福が手にできるのです。

JKS/ 編集部

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【ダイジェスト版・マイゴール】のご購入はこちらから
【新・目標設定練習帳】のご購入はこちらから

『オリソン・マーデン財団Japan』 HPへはこちらから

投稿者 (株)イーハトーヴフロンティア | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.02.10  幸せのちから

私たちはだれもが幸せになりたいものです。

しかし、神さまは幸せをそう簡単には授けてはくれません。
挫折と苦労は、人生の中でその代償としてつきものです。

そんなとき、あなたを支えるのは誰でしょうか?
親、妻、子ども、兄弟、恋人、友達それとも自分自身ですか?

私たちは、誰かのためであればもっと頑張ることができるのです。

現在公開中の映画 『幸せのちから』 はそんなことを教えてくれます。

http://movie.www.infoseek.co.jp/roadshow/title/mo4833/

ぜひ、この作品を観てください。

くれぐれも、ハンカチをご用意くださいね。

JKS

投稿者 (株)イーハトーヴフロンティア | PermaLink | コメント(1) | トラックバック(0)
2007.02.01  お金の貸し借りの考え方

ただいま制作中の新刊の原稿を一部ご紹介します。
こういう考え方もあるのだということを、ぜひご紹介したいのです。


お金の貸し借りは、人間関係に悪影響を与えることがあり、時には関係そのものを壊してしまいます。

もし、他人からお金を借りて、どうしても返済ができなくなってしまった場合は、やはりその時も潜在意識をいかすべきなのです。

具体的には、ひとまずこのことを忘れて下さい。ただ、忘れるといっても、顕在意識の範囲からです。

どんなに頑張ってもすぐに返済できないのであれば、あとはもう潜在意識に引き渡すのです。

それをずっと顕在意識においていては、そのことによるストレスや緊張状態の方がさらにマイナスな結果を生みます。

例え顕在の意識にはなくても、潜在意識、つまり心の中では忘れていませんので、ご心配なく。

あとは、潜在意識が良い方向へ導いてくれるのを待つだけです。


JKS/ 編集部


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【ダイジェスト版・マイゴール】のご購入はこちらから
【新・目標設定練習帳】のご購入はこちらから

『オリソン・マーデン財団ジャパン』 HPへはこちらから

投稿者 (株)イーハトーヴフロンティア | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)